×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




▲ その後=トモキ編 〜周防による排泄快楽調教〜 ▲

@ / A B C D E F G H I J / next→



「あぁ、臭いし、汚いですね。」

周防の声色は明るい。
トモキにとっては、とんでもない遊びが始まるのだろう。

『・・・ッ!』

便所から引かれてきたリードが外され、頭から抱え倒されるように投げ出されたトモキは、ビタンッと冷たい床に投げ出される。
ゴチンッと打った膝が痛む。

「さてと、始めましょうか・・・」

トモキはヒクっと息をのんだ。


「朝散々したので、もう中には何も無いでしょう? ピューピュー透明なのを排泄させるのも面白いですけど、それも散々しましたからね。」

カッとトモキが赤面する。
人前で汚物をひりだす羞恥心は何度されても慣れない。

「フフフ。浣腸はしません。汚いまま尻だけこっちに向けなさい。」

いや・・・

しかし、周防の言葉に逆らえるはずも無く、トモキは怖ず怖ずと周防に尻と向け、未知の恐怖から逃れるように顔を肩に埋める。
その姿勢ゆえ、トモキからは周防の姿は見えず、コツコツと移動する音だけが響く。

・・・・何、されるんだろ・・・

トモキは床に擦れる顔をずらし、言われる前から大きく広げている膝の間から周防の様子を伺う。

な・・に・・?

周防の顔は見えなかったが、その手には、ちょっと大振りな魚肉ソーセージのようなモノがズッシリと握られている。
その表面にはうっすらと影が出来ており、ボコボコと波打っているのがわかる。
大きな周防の手にしっかりとに握られているが、材質のせいかクタリと頭が下がっている。


「あぁ、コレですか? 今日のトモキのウ●コですよ。ピンクで可愛いでしょう?」


『疑似排泄』
浣腸による調教を繰り返してきた周防は、いつもとは少し違う排泄調教を用意していた。


next→