×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




◆ メンズエステ 〜辱めるのはやめてくださいッ〜 ◆

@ A B C D E F / next→



『ハハハ、めずらしいですよね・・・男なのに、エステに脱毛なんて。』

ローブの前を弛めながら、ベッドに横になる。
ココへ通うようになって何度目だろうか。
彼の担当に当たるのは初めてだった。

男性のエスエティシャンも珍しいな・・・

「そんなことも無いですよ? 最近は男も綺麗な方がモテますし。」

頭の位置の調整を気にしていると、柔らかく微笑みながらそのままでどうぞ。っと促してくれた。

ステキに気も利く・・・

『あ〜///最近の若い子は、細いし中性的というか、何食べたらあんな風になるんですかね。』

「ハハ、本当に。男らしい男がモテないなんて、どうかしてますよね。」

そう言って笑うお兄さんは、ステキで・・・
髭もカッコいいし、男臭すぎないガッチリした清潔感・・・

『ほんとですよね。・・・で、でも、・・・お兄さんはモテるでしょ?』

・・・正直、
タイプなんだけどな・・・

いつも担当は女性ばかりだったので、まさかの好みの担当に、変に意識してしまう。

「いやいや、そんな事ないですよ。でも草壁さんはそう思ってくれたのなら嬉しいです・・・」

え・・・?

「いえ、草壁さんも、柔らかくて、良い肌ですよ。」

うわ///
深い意味は無いんだろうけど、地味に嬉しい・・・

『わ、私はもう曲がり角ですけどね・・//』

「いえいえ、十分、魅力的ですよ。」

にっこりと微笑まれて、カーッと顔に熱が集まる。

『お世辞でも、ありがとうございます・・・』

////
赤面、バレたかな・・・?
お世辞だと、セールストークと分かっていても・・・

なぜか無意識に腹筋を締めていた。

よく見られたいってか? ハハハ。


next→